電子出版ブランド創設サービス

NextPublishingの基本利用形態である「電子出版ブランド創設サービス」のご紹介です。本サービスを利用することで、出版社でなくても電子出版事業を始めることができます。


特徴

  • インターネット時代に対応したオールデジタル&オンラインのデジタルファースト型出版システム。
  • 編集制作パート(DAM: Digital Asset Management)と流通販売パート(DAD: Digital Asset Distrubution)を区分することで、編集業務の分散化を実現。
  • 流通販売パートは弊社が担い、編集制作パートをユーザーが利用できるモデル。
  • 全工程がビジネスプロセス管理ソフト(BPM)によってガイドされており、出版業務に不慣れな利用者でも円滑に作業ができる。
  • 企画書類はBPMで入力および管理することができ、その内容から自動的に流通に必要な書誌(メタデータ)が生成される。
  • 最も普及しているワープロであるMicrosoft Wordを編集指定用エディターとして利用しており、コマンド入力やフォーム入力などの煩わしい作業がなく、コンピュータに詳しくない人でも利用可能。通常はオフラインで利用。
  • 電子書籍と印刷書籍が同じプロセスで制作でき、同時に発行できる。
  • 電子書籍(EPUB)と印刷書籍(PDF)は自動組版により即座にパッケージ化される。
  • 印刷書籍では1冊から印刷・製本できるPOD(プリント・オンデマンド)を製造と流通の両面で積極活用し、在庫、返品、品切れを解決。
  • 電子書籍は、ほとんどのオンラインストアで販売可能。
  • 印刷書籍(POD)はAmazon PODのほか、インプレスR&Dが独自に開拓した国内最大のPOD販売網を利用。
  • リアル書店からの注文販売、直接卸し販売にも対応可能(一部書店)。

長所

  • 出版の業務のうち、複雑でノウハウが必要な流通販売パートを弊社が担うので、利用者は企画・制作・販促業務に専念できる。
  • 特に制作業務は、システムの支援により、スピードおよびコストにおいて圧倒的な高効率を実現できる。
  • すべての機能をオンラインで利用できるので、離れたオフィス-たとえば地方からでも、海外からでも利用可能。
  • 従来からの課題だったマスター原稿の管理を解決し、二次著作物戦略に柔軟に対応。
  • マスター原稿管理の効能で、すでに出荷した製品の修正や改訂が容易。
  • 販売状況の週間レポートサービスで利用者の迅速なマーケティング活動を支援。
  • XHTML、CSS3、EPUB、LaTeX、PDFなどの国際標準またはデファクトスタンダートのファイルフォーマットを採用しているので、拡張性、継続性に不安がない。

注意点

  • 編集者(またはコンテンツプロデューサー)が居ることを前提としたサービスです。
  • ビジュアルな雑誌などの複雑な紙面レイアウトには対応できない(DTPとの連携で可)。
  • PODの印刷書籍で表現できる製本仕様は、現在のPODマシンの機能の範囲に制約される(特別な装丁が必要な場合はオフセット印刷を利用)。
  • 従来型出版の取次/書店への初期委託配本は基本的に行っていない(場合によっては可)。

想定している利用シーン

  • NextPublishingは上記の特性上、多品種少部数出版に向いています。日々コンテンツが生み出される現場において、それらを出版メディアとして展開するような場合に有効です。
  • たとえば、大学や研究プロジェクトなどの成果発表の場としての利用。
  • たとえば、出版社内の新規取り組みとしての利用。
  • たとえば、ネット企業でのWebコンテンツの印刷書籍への展開。
  • たとえば、企業のマーケティングソリューションとしての利用、などです。

関連資料

詳細は、書籍「NextPublishingのすすめ パートナー編」をご覧ください。
PDF版は無料公開しています。
「NextPublishingのすすめ パートナー編」

NextPublishingの実用例として、電子書籍版と印刷書籍版も販売しています(有料)。
http://nextpublishing.jp/book/7785.html

NextPublishingによる製品紹介Webページ
http://nextpublishing.jp/

お問い合わせ

「電子出版ブランド創設サービス」を利用するには、インプレスR&Dと法人として契約を結んでいただく必要があります。ご興味を持たれた方は、下記のメール窓口にてお気軽にご相談ください。
np-info@impress.co.jp